研究課題

Technology Development

Stream group Leader:
カルニンチ ピエロ
ライフサイエンス技術基盤研究センター(CLST)
機能性ゲノム解析部門
部門長

Stream group Leader:
岡田 康志
生命システム研究センター(QBiC)
細胞動態計測コア 細胞極性統御研究チーム
チームリーダー

個々の細胞の性質や動的変化を解析するために必要な技術(ゲノム・遺伝子発現解析、タンパク質・代謝物質量分析、細胞のイメージング・制御)の開発・高度化を行い、ライフサイエンス研究のための一細胞解析プラットフォームとして提供します。

Stream

Stem Cells in Development

Stream group Leader: 阿部 訓也
バイオリソースセンター(BRC)疾患ゲノム動態解析技術開発チーム チームリーダー

哺乳類多能性幹細胞は、naïve型幹細胞と、より分化が進んだprimed型細胞の2種類に分類される。naïveからprimedへの転換とゲノム再プログラム化は発生・幹細胞生物学の重要な課題である。本ストリームでは、単一細胞レベルのマルチオミックス解析によりこの転換過程の全貌解明を行うことを目的とする。

Stem Cells in Tissue

Stream group Leader: 藤原 裕展
多細胞システム形成研究センター(CDB) 細胞外環境研究チーム チームリーダー

組織幹細胞の自己複製と分化のバランスの厳密な制御は、組織の恒常性と再生のために不可欠です。従来のプールされた幹細胞や分化細胞を用いた実験的アプローチでは、母集団の平均データしか得られないため、幹細胞の不均一性、階層、分化プロセス及び生体内での自己複製と分化の巧みなバランス制御の実体を理解することが困難でした。「Stem Cells in Tissues」の研究グループは、細胞本来の組織内環境における幹細胞の挙動や細胞状態の時空間ダイナミクスをシングルセルの解像度で理解することで、幹細胞による組織形成と維持の基本原理を明らかにし、組織幹細胞の医療応用のための科学的基盤を提供することを目指します。

Neuron

Stream group Leader: 上口 裕之
脳科学総合研究センター(BSI) 神経成長機構研究チーム チームリーダー

神経細胞の複雑な形態形成は空間特異的なシグナルに依存し、多種の神経細胞間の連結により情報の伝達・処理を担う回路網が構築されます。1細胞技術を駆使した研究により、神経細胞のダイナミックな局所シグナルおよび細胞クラス特異的な機能を明らかにし、回路構築と作動を司る仕組みを理解していきます。

Immune cells

Stream group Leader: 小原 收
統合生命医科学研究センター(IMS) 統合ゲノミクス研究グループ グループディレクター

我々の身体を感染などから守る免疫系は、高度にシステム化された生体システムです。そのシステムは多数の個別の免疫細胞によって構築されており、その恒常性はそれぞれの単一細胞が作り上げている「細胞社会」としての機能に他なりません。この「細胞社会」の動的挙動と外界からの摂動に対する安定性を理解するためには、その最小構成要素である単一細胞としての機能を見ていくことは避けて通れない道筋です。このストリームでは、理研の保有する先進的な1細胞解析技術を駆使して、そうした観点から単一細胞解析とより高次な階層の計測データとを統合することにより、免疫システムの内包するシステム原理を明らかにすることを共通かつ究極の目的としています。

Drug/Signal Response

Stream group Leader: アーナー エリック
ライフサイエンス技術基盤研究センター(CLST) 機能性ゲノム解析部門 LSA要素技術研究グループ ゲノム情報解析チーム 上級研究員

Cells react and respond to outside stimuli such as drug treatment by initiating and propagating cascades of cellular processes including transcriptional initiation. While changes may appear uniform at the cell population level, the response may vary significantly from cell to cell, where some cells may respond more efficiently than others. In the Signal/Drug Response stream, the goal is to uncover transcriptional signatures that are a prerequisite for, and/or a consequence of, a heterogenous signal response.